姿勢の悪い人は、体幹トレーニングをしても無駄!?

先日『姿勢の悪い人は、体幹トレーニングをしても無駄』という記事を見ました。
法政大学教授の杉本龍勇氏のインタビュー記事です。

『無駄』という表現が刺激的ですが、姿勢が体幹を含めた様々なトレーニングに与える影響は小さくないと思います。

もしあなたが、正しい姿勢を意識してトレーニングをしていても姿勢の改善を感じられないのなら、歪みを矯正することで、より正しい姿勢をつくりやすくなり、維持しやすくなるでしょう。
同時に『自分の正しい姿勢』を感覚的に知ることもできるでしょう。

これまで『症状がなくても定期的に矯正を受けることで、日常的なパフォーマンスの向上とコンディションの維持ができる』とお伝えしてきました。
そして、それは日々のトレーニングに於いても同様で、効果的、効率的なトレーニングにしていくには『姿勢・フォーム』が重要です。

そもそもなぜ体幹を鍛えるのか?
答えは『手・脚をちゃんと動かせるようになるため』です。
そして体幹は骨盤・背骨で構成され、骨盤・背骨は姿勢を維持しています
骨盤は前傾し、それに伴い背骨はS字カーブ(腰椎は前弯、胸椎は後弯、頸椎は前弯)しています。
S字カーブは『バネ』の役目をしていて、重力や地面から反発してくる力を受け止めると同時に、次の一歩への力に変えています。
骨盤・背骨に歪みがある(姿勢が悪い)と力をうまく受け止められず、腰痛や故障の原因になります。
因みに骨盤・背骨の歪みを矯正すると手・脚が軽くなり、動かしやすくなります

ポイントは
①体幹を構成している骨盤・背骨は姿勢を維持している骨でもある
②骨盤の前傾、背骨のS字カーブはバネの役目をしている
③歪みで姿勢が悪くなると『背骨のバネ』が上手く働かなくなり故障の原因になる

症状がなくても定期的に矯正を受けることで、日常的なパフォーマンスの向上とコンディションの維持ができます。
そして、それはトレーニングに於いても同様で、トレーニングの効果や効率を上げるためにも『姿勢・フォーム』が重要です。

日々の努力を無駄にしないためにもトレーニングと歪みの矯正で『自分の正しい姿勢』を身に着けて下さい。
そうすることで効果的なトレーニングができるようになり、結果、本番でのパフォーマンス向上につながっていきます!

まずは自分の歪みを確認してみて下さい
a.正座したとき、膝の位置が左右そろっていない
b.バンザイをしたとき、腕が耳まで挙がらない、または左右差がある
c.写真を撮るときに顔の向きを直される
ひとつでも当てはまれば骨盤・背骨及び肩、股関節にズレ・歪みがあると思われます。

●質問・疑問があればお問合せフォームまたはFacebookLINE@からお願いします。
※LINE@からお問合せが、返信が一番早いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする