橋本貴憲 プロフィール

  橋本貴憲 1973年 北海道生まれ

カイロプラクター(歪み矯正の専門家)として肩こりや腰痛などに悩む人向けに施術及び予防法指導の他、スポーツ選手を対象に『体の歪みがパフォーマンスにどのような影響を与えるか』を研究。
痛みなどの症状がある場合、その原因となる歪みを矯正することでパフォーマンスが向上するのはもちろんだが、自覚症状がない場合でも歪みを矯正することで体がスッキリ軽くなり、パフォーマンスが向上することを大学運動部の学生の協力を得て確認する。
また、このような変化は年齢に関係なく起き、10代20代の若い選手であっても同様の変化が起きることも確認。
これらの研究から、練習・本番でのパフォーマンスの向上及び怪我の予防には『気づかない体の歪みを知る』ことが、アスリートには必要だと確信し、このことを広く知ってもらうことに力を注いでいる。

自身、元腰痛患者で一番古い記憶は小学4年生の『夏休みサマーキャンプ』の次の日、祖父に連れられて整骨院で電気治療を受けたこと。
その後も腰痛を感じながら高校まで野球、スキー、陸上などをやる。
大学卒業後、厨房機器会社でサービスエンジニアとして働くも、体調不良により30歳を目前に退職。

「まずは体を治すこと」を決意し病院通いするが腰痛だけ治らず、「一生付き合っていくしかないのか…」と諦めかける。
そんな時、偶然見つけたカイロプラクティック施術院に行ったことでその後の人生が大きく変化。
後の師匠となる先生と出合である。

その後、先生の勧めでカイロプラクティックの資格を取得。
カイロプラクターになり知識と経験を積んでいくに従い、自身の体も良くなっていく。
同時に、肩こりや腰痛の根本的な要因が『食べる・動く・寝る=生活習慣の中』にあることに気づく。
肩や腰などの症状を改善・予防するための栄養・運動・睡眠に関して研究し、歪みの矯正に加え、それらを患者指導に活かし成果をあげる。

歪みの矯正、栄養、睡眠、メンタルに加え、姿勢やケガのリスクを下げるような体の使い方といった具体的な指導・アドバイスをし、総合的にアプローチしていく『コンディショニングカイロ』を開発。
現在、酪農学園大学の選手達の体調管理に貢献する。

イチロー名言集の中にも『プロ野球選手は、怪我をしてから治す人がほとんどです。しかし、大切なのは怪我をしないように、普段から調整することです。怪我をしてからでは遅いのです。』とあるように、現在の日本には『怪我を予防する』という概念がないと言われている。

自身も痛みを抱えながらの練習、そして怪我も経験する。
だからこそ「『体のケアをしなかった』『違和感があったが構わず練習した』等の結果、怪我をし、悔しい想いする」
そんな人を1人でも減らしたい。
そんな日本を少しでも変えたい。
そんな思いでコンディショニングカイロを開発。

怪我が減れば、それだけ練習ができ、練習の質も上げられる。
また、怪我が原因で競技そのものを断念する人を減らすこともできる。

その一翼を担うことができる、と確信している。

このブログについて

手技屋公式ホームページ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする